このウェブサイトはEdge, Chrome, Safari, FireFoxのみサポートしております。

全力で走ったり、立ち止まったりしながら2年経ちました。

※この記事は2022/3/9にnoteに公開した記事の転載です。


3月9日はNUDGEを世に送り出した日なので、今日は2周年の節目。本当にびっくりするくらいあっという間に、2年もの歳月が流れました。とはいえ、コロナの影響や、家族の事情でそのうち半分ほどオーダー休止をしておりブランド運営に関しては歯切れの悪い時間でもあったのも事実。
見た目にはあまりに長く「オーダー休止」と立ち止まっているNUDGEでしたが、自分にとっては、物理的な環境も、精神的な心の中も、様々な変化があった大切な時間だったので、今日それらのことを少し言葉にしてみます。終始主語が自分で、あまりにも自分の内側を晒しておりますが、公開した独り言の備忘録と理解しながら、是非お付き合い頂けますと幸いです。


目次

与えられた休止期間

渡仏の収穫

NUDGEの現状と自分の内側はリンクしてる

人格が増えていく3年目


与えられた休止期間

2021年の春先。これほどのキャパオーバーを感じたことはないほど、NUDGEの仕事は量も精神的負荷も、自分の器を存分にあふれ返って、身の回りは大洪水。「あぁ.. あふれ出している.. 」のタイミングはとっくに通り越してもう洪水の中で溺れかけていました。
良くも悪くも、「やりたいと思ったらまずやってみる」の行動力と衝動性に、自分は何度も助けられてきたし、自分の個性そのものだと思います。とはいえ振り返ると、今までやってきた「やりたいと思ったこと」は世界一周やインド就職など大それたことであれ、“今日どうしてもあの店のカレーが食べたい”や急に入ってしまう片付けスイッチなどの些細なことであれ、基本的に自己完結でした。(もちろん家族を多々振り回しているのは承知している。)

けれどNUDGEは違う。お客様がいるし、作り手がいる。

特にNUDGEの初期とは違い、運営しだして1年ちょっと経った去年の春には、有難いことに、自分の直接の知り合いや、知り合いの知り合いではない、全く名前も顔も知らない方までオーダーくださっていました。そのため、オーダーが増えて自分の手と気が回りきっていない状況に、追い打ちをかけるようにインドでコロナの状況が深刻化したことによって、多大な生産遅延が起きていました。
NUDGEは在庫を持たず、受注生産でオーダージュエリー(ブランドとしては、カスタムジュエリーと謳っていたけど、結局私のやっていることはカスタムの枠を超えたオーダージュエリーだったため、非常に生産フローに時間と労力がかかるという別の反省も見えました。)を作っているブランドのため、いろんな状況が重なり生産が遅れることに対しての負担は、「長く待つ」形で結局お客様に負わせることになりました。しかも、“大体いつできる”という約束を何度も破られる形で。
せっかく楽しみにしてもらっている気持ちを台無しにしていることを自覚しながら、常に申し訳なさに苛まれていました。

 

その時期のインド現地ではデルタ株が言葉の通り猛威を振るい、現地の工場のメンバーの周りでもとにかく人が亡くなったり、重症化したりと、ただならない状況で、大混乱の最中でした。
家族が病気になるとあたり前のように仕事を休んだり、冠婚葬祭の際にはまとめて1週間お休みしたり、インド人にとって、家族の存在がどれほど大きいか、現地で会社員をしていた頃に何度も目の当たりにしていたので、彼らの置かれている状況を考えると、ジュエリーを納期通りに作るのは不可能なことも理解できたし、それ以前に彼らのメンタルが心配でなりませんでした。

結果、このタイミングで、自分が今の状況を継続するのは、買い手(お客様)・作り手(インドの工場)・売り手(私)の誰にとっても懸命でないと判断し、一切の新規オーダーを休止し、代わりにインドの緊急支援に充てるためのドネーションジュエリーを販売しました。ドネーションジュエリーの企画は二度行いましたがいずれも即完売で、あの時にたくさんの方が手を差し延べてくださったことは、心身ともに縮こまっていた私には大きなギフトでした。インドを支援するためのドネーションでしたが、結果的には私が支援された気持ちです。

また時期を同じくして、夫が、2020年の4月から通いだした大学院で交換留学の機会を得ることになり、会社を辞めて渡仏(パリではなく南仏トゥールーズという街です。)することを決断しました。たった5か月弱の期間にはなるけれど、新しい環境や文化を生身で体験できる機会には胸が膨らみ、迷わず家族での渡仏を選択しました。

コロナと渡仏。

休止するには十分な理由でした。とてつもなくほっとした自分がそこにいました。申し訳なさや睡眠不足から解放される。それが率直な本音でした。
誰かの背中をそっと押す、大好きな天然石のジュエリーと、その価値を受け取ってくれる大切なお客様。自分の大切なものを守るために、このまま突き進んでもいいことはなさそうだ、とこっそり、でも確信めいた思いを抱えながらも、決して自らブレーキを踏むことができずにいたので、止まるための理由をお膳立てしてもらったことは、情けないけれど、心底ありがたかったです。

NUDGEの長い休止期間はそこから始まり、そして今に至ります。

 

渡仏の収穫

フランスでは、せっかくジュエリー文化の聖地なので色々学びたい!と当初は意気込んでいましたが、実際は生活することでいっぱいいっぱいでした。ただ、かえってその状況は、自分にとっての生き方を見つめる機会となりました。

ずっと、“生きる”というのは、“働く”と“暮らす”の足し算で、且つ、“働く”にものすごく比重が寄っていました。生きがいは、社会との接点の中で誰かの価値にならないと得れるものではないと信じていたし、それが全てでした。フランス滞在を経て今は、「生きる=働く+暮らす+遊ぶ」だと考えています。

 

カート

購入可能な商品はなくなりました

カートに商品がありません。