このウェブサイトはEdge, Chrome, Safari, FireFoxのみサポートしております。

ピンクスピネル

ズーム ピンクスピネル

想いを強める

自分の核の部分が定まり、想いを強め小さなことから大きなことまで、自分の思い描いていることを実現します。

誕生石  8月
カラー 赤、桃、黄、橙、褐色、青、緑、紫、茶、黒、灰色、無色
産地 ミャンマー、アフリカ、タンザニア、スリランカ、ベトナム、マダガスカル
硬度 7.5~8

スピネルは、2つのピラミッドを貼り付けたような正八面体の形で産出されます。八面体の先端の尖った様子から、ラテン語でSpina(トゲ)、ギリシャ語でSpitha(花火)より名付けられたといわれています。和名も同じような意味合いで、「尖晶石(せんしょうせき)」と呼称されています。鉱物名も「スピネル」。鉱物種としての呼び名である同時に、同様の結晶構造をもつ鉱物グループの総称としても使われています。

一般的に赤や黒が有名なスピネルですが、桃、黄、緑、青、無色などとても豊富な色合いを持ちます。インクルージョン(内包物)によって、猫の目のような一本の明るい光の筋が見えるシャトヤンシー効果(猫目効果)をもつスピネルがあったり、青色から桃色に変化するカラーチェンジスピネルなどもあります。

赤いスピネルはルビーとよく間違われますが、スピネルが単屈折でどの方向から見ても同じ色が見えるのに対し、ルビーは複屈折で見る角度によって異なる色合いが見られるという違いがあります。

NUDGEとは

もっと綺麗に、もっとよく見せたい。
足りない何かを埋めてくれるのがこれまでのジュエリーなら、
NUDGEのジュエリーは少し違います。
きらびやかに着飾るのではなく、ありのままの良さを引き出していく。
自分のいいところ、だめだなぁと思うところ、どれもが魅力であり、美しさであると、私たちは考えます。
NUDGEに潜む「nude」のワードにはあなたはそのままで十分輝いている、というメッセージも込められているのです。

わたしたちが大切にしている事

じぶんで、作る。

石の意味や色をじっくり吟味するのか、自分の直観に従って選ぶのか、あくまで何をどうつくるかを決めていくのは、あなたです。

フルオーダーでのお仕立ては、セッションを通して、あなたの内側の想いを形にしていきます。世界にひとつだけのジュエリーを作る過程が、自分を知る・向き合う時間となることを願って。

かんがえて、買う。

ブランド名のNUDGEは、行動経済学において「社会、環境、自身にとってより良い行動を促すこと」という意味。
私たちは、もの作りの過程や価格の根拠などを明らかに示し、うそのない姿勢でものづくりをします。

ずっと手元で輝いてほしいからこそ、その買い物が本当に必要かどうかすら、一呼吸置いて、思いを巡らせてくれたら何よりです。

らしさの、宣言

自分で考えて、決めて、手元に届いたジュエリーは、まるで自分の分身。

着飾るための装飾品としてではなく、「自分らしさ」を身に着けることは、自分がどうありたいかを自分自身に宣言し、そんな自分を愛することへの第一歩です。

Up to me

その日の気分や装いによって、石やパーツを着せ替え

着せ替えルース(石)の一覧を見る

カート

購入可能な商品はなくなりました

カートに商品がありません。