このウェブサイトはEdge, Chrome, Safari, FireFoxのみサポートしております。

クンツァイト(インクルージョン)

ズーム クンツァイト(インクルージョン)

慈しみに満ちる

他社への見返りのない愛情が湧き、豊かなコミュニケーションを助けてくれる石。
恋愛の守り石にも。

誕生石

 9月

カラー 桃、紫、緑、黄、無色
産地 アメリカ、カナダ、ブラジル、メキシコ、ロシア、パキスタン、オーストラリア、アフガニスタン、ナイジェリア
硬度 6.5~7

クンツァイトは、20世紀初頭にアメリカのカリフォルニア州にある鉱山で発見され、鉱物学者でティファニーの宝石鑑別士でもあったGeorge Frederick Kunz(ジョージ・フレデリック・クンツ)博士が新種の鉱物であることを突き止めました。クンツァイトの名前は、クンツ博士の名前にちなんで名付けられたそうです。和名は「リチア輝石(りちあきせき)」。スポジュミンという鉱物種に属するため、鉱物名はスポジュミンといいます。

クンツァイトは2つの性質を持ちます。ひとつは、直射日光などで紫外線を浴びた後に暗い部屋に持ち込むと、その後も僅かに輝きが持続する「燐光性」です。ダイヤモンドも同じ性質を持ちます。
もうひとつは、鉱物を傾けて見える角度を変えると違う色が見える「多色性」です。色の濃淡だけでなく、透明に見えたり、色そのものが異なったものに見えることもあります。

硬度は6.5~7で決して柔らかいとはいえない硬さですが、へき開性という特定方向に割れやすい性質を二方向に持つため、研磨やカットには特別な注意が必要になります。

NUDGEとは

もっと綺麗に、もっとよく見せたい。
足りない何かを埋めてくれるのがこれまでのジュエリーなら、
NUDGEのジュエリーは少し違います。
きらびやかに着飾るのではなく、ありのままの良さを引き出していく。
自分のいいところ、だめだなぁと思うところ、どれもが魅力であり、美しさであると、私たちは考えます。
NUDGEに潜む「nude」のワードにはあなたはそのままで十分輝いている、というメッセージも込められているのです。

わたしたちが大切にしている事

じぶんで、作る。

石の意味や色をじっくり吟味するのか、自分の直観に従って選ぶのか、あくまで何をどうつくるかを決めていくのは、あなたです。

フルオーダーでのお仕立ては、セッションを通して、あなたの内側の想いを形にしていきます。世界にひとつだけのジュエリーを作る過程が、自分を知る・向き合う時間となることを願って。

かんがえて、買う。

ブランド名のNUDGEは、行動経済学において「社会、環境、自身にとってより良い行動を促すこと」という意味。
私たちは、もの作りの過程や価格の根拠などを明らかに示し、うそのない姿勢でものづくりをします。

ずっと手元で輝いてほしいからこそ、その買い物が本当に必要かどうかすら、一呼吸置いて、思いを巡らせてくれたら何よりです。

らしさの、宣言

自分で考えて、決めて、手元に届いたジュエリーは、まるで自分の分身。

着飾るための装飾品としてではなく、「自分らしさ」を身に着けることは、自分がどうありたいかを自分自身に宣言し、そんな自分を愛することへの第一歩です。

Up to me

その日の気分や装いによって、石やパーツを着せ替え

着せ替えルース(石)の一覧を見る

カート

購入可能な商品はなくなりました

カートに商品がありません。